嵐の人気はいつまで続くのか、セットで買ってお得な店舗が勢ぞろいしてます

嵐が気になるあなたに限定情報

2014年春に光のシグナルが出た時、とあるヲタさんから

『もう無理や…』

と言って半泣きで連絡が来た。

光のシグナルのMVが彼女にトドメを刺した模様。

オレも速報のMVを見たんだけど恐らく担降りの原因は歌がどうこうじゃなくて、MVの内容とか衣装とかそういうところだったみたいで。

当時めちゃくちゃ勢いあったキスマイと、ご自身の考えていたキスマイとのズレを埋める術が完全になくなってしまったのだろう。

まぁよくある話といえばそうなるのだが

実はここにある程度の答えが集約されている。

キスマイが売れれば売れるほど

キスマイらしさがなくなってた。

ホントここまでダメになることってあるんかなってぐらい下降が酷い。

ただ実際そういうことってよく聞く。

インディーズバンド時代は情熱的だったけどメジャーデビューした途端『売れ線に走った』とかね。

ところが不思議な事に気付かされた。

それは昨年ジャニーズWESTのライブを観に行った時なんだけど

今年4年目の彼らは今でもすごく情熱的だった。

デビューまでの苦労という点ではここもキスマイと同じぐらい大変だったわけで。

また

昨日開催されたJUMPの10周年ライブで山田涼介が涙したこともそうだけど、彼らもそこに慢心が無いんだわな。

もっと上に行くという意識がそこには感じられる。

んで、これって何が違うんだろうと考えてみた。

そしたら

たぶんこうかなってのがわかって。

恐らくそれは

『言いなりかどうか』ってことになった。

キスマイってみんな真面目で素直で良い子たちなんだな。

擦れてないし、純朴で従順。

ただそれは悪く言うとロボットみたい扱われたりすることもあって。

イメージとしてはフランチャイズの店員さんみたいな感じ。(例え下手)

これって事務所的には願ったり叶ったりの集団なんだよね。

ファンも彼らを応援するし、新規ファンは『キスマイは最初からこういうもんだ』って思ってくれるわけで。

だからデビューした途端にガヤさんが髪切ったこととかもえげつないぐらい

わざとらしく見えた。

なんとなくだけど一段下げられた感じある。

なんで『髪は切りません、オレのスタイルでこれからもやりますから!』

ってラブジェネのキムタクみたいなことが言えんかったんかな。

まぁそれは冗談として、ただ自分を貫くことでもっと彼は弾けたんじゃないかなと思う。

んで

こっからは方向性の話になってくるんだけど。

グループの方向性って誰が決めてると思う?

基本的にある程度メンバーで話あってそういうのが共有できているのが大前提だ。

つまり余程の大きな組織でもない限り、グループとはメンバーが経営している会社みたいなもんで。

グループ哲学みたいなもんがあってしかるべき。

キス担はなんもしらんだろうが

他Gは普通にそういうのが備わっている。

無いのはキスマイぐらいなもんで。

ぶっちゃけ

今のキスマイは何がしたいのかあんまりよくわかんない。

徐々に減っていってるCDセールスに対してのテコ入れも

事務所に任せっぱなしって感じがする。

そりゃ商品展開するのは事務所やレーベルだったりするだろうが、それでもグループって自分たちのものなんじゃないのか?

ただちょっと考えてみた。

ホントにそうなんだろうかって。

というのも

代々木で茶封筒もらったときにガヤさんが言ってた言葉を思い出す。

『このまま止まらず行くからね 着いて来いよ』 

おそらくこの時点のキスマイは藤北のツートップが不動で

そこから切磋琢磨することでグループに強いエネルギーを加えてた。

ところがデビューするとなった途端

そこが鳴りを潜めたわけで。

いやこれめちゃくちゃ勿体無いよ。

ホント最初はいい感じで来てたんだけどなぁ。

方向性を完全に誤ったな。

まぁそれもこれも

結局は飯島が悪い。

このキスマイの哲学を奪ったのって

あいつが敏腕マネージャーとかもてはやされた結果招いた悲劇みたいなもんで。

キスマイのデビューって他のグループのデビューとちょっとだけ違ってて。

やつにとっては自分の保身がかかった

絶対にヒットさせないとダメな案件だった。

そのためだったら藤北のブレインを取り去ることなど辞さない。

格差付けて、玉森をセンターにしてどこをどう逆立ちしても違和感のあるブランディングだった。

そして最速でドーム魂。

&nbsp
;

売りたくて売りたくて仕方なかったんだろうな。

きっしょいわ。(※『気持ち悪いですね』という意味)

きっと当時のメンバーは訳がわからなかっただろうな。

『オレらすごいのかな』って勘違いしたかもしれないし、周りがチヤホヤしてくれるからそれはそれで居心地もイイ。

ところがそれってのは飯島がすべてお膳立てしてくれたことであって。

実際はそないに凄くない。

ドーム魂やったから凄いなんてのはむしろ逆で。

最初に勢い付け過ぎたら失速した時に逆に針が触れちゃうことってよくある。

(※『むらいルート』みたいなもん)

ところが勢いはすごいわけだから

やっぱ飯島スゲ~ってなったわけ。

それと同時に藤北のブレインなんてのは小さいもんだってなったことだろう。

ただ

実はこの小さい『藤北』という哲学こそが正解だったんだな。

つまりジュニア期のキスマイも当時のファンも

方向性は間違ってなかった。

だってそもそも

キスマイはキスマイのもんだろうに。

それを同族経営に反旗を翻すおばちゃんのセールス戦略でどうこうできたとしても

ぶっちゃけそれでは

実態がない。

それにさ

グループなんて無理やりデカくならなくたって良いだろうに。

SMAPとか、過去にはもっと偉大なアーティスト、ビートルズやマイケルジャクソンとか。

あんなの目指してそうそうなれるもんじゃない。

彼女がマネージメントしたSMAPだって

時代に選ばれたからあそこまでデカくなった。

今、SMAPがイチから出てきても

テレビ業界の失墜とかなんやらで

おそらくあそこまではいかなかっただろう。

結局キスマイは彼女の驕(おご)りによって大切な翼を失った。

2016年以降

飯島さんがいよいよ退社するとあってSMAP騒動と併せて事務所は大変なことになった。

一番この騒動の煽りを受けたのは

実はキスマイだったりする。

先述したようにそれまでの約3年間ずっと飯島の船に乗って任せてきたからだ。

ところが遂に

ここにきてデビュー時に受諾した哲学が消えてしまうこととなったのだ。

それまで任せてきた責任者がいきなり消えた。

誰がキスマイの指揮とるよ。

まさか中居くんとか言わないだろうな。

だとしたら

どんだけ甘えてんだキスマイ。

いいかげん自分の足で歩けよ。

オレたまにキスマイに対して『君らいくつや?』って言いたくなるときある。

 

一応、テレビとかメディアの仕事してるわけでしょ。

おもしろい番組とか一般視聴者に届く言葉とかそういうのをもっと自分らで考えたらどないや。

編集であれだけ凝った演出してつまんないってことは制作サイドは相当泣いてるで。

まぁそれもこれも

結局ここまでキスマイに何もさせなかった飯島が諸悪の根源。

今はもう知らんとばかりにどっか消えてるから無責任なもんだ。

飯島の無責任な行動も去ることながら、今までキスマイを利用するだけ利用してきて『それかよ』ってのが猛烈に頭にくる。

言っとくけどな。

冒頭のヲタさんは毎回キスマイのCDが出るのをホントに楽しみにされてて、発売の時は相当無理して買ってたし、最後の方はお金がなくて本当にボロボロになってた。

やめるときに彼女は泣きながらこう言ってたで。

『マロンさん、これ本当にキスマイなん?』って。

ただ単にCDを売るためだけのマシーンに見えたそうな。

飯島がセールス戦略に走って得たのはなんだったんだ?

今のバラバラのキスマイを誰が望んだ?

それでもファンはファンをやめられないし、言いたいことも言えないだろう。

だから

敢えて言ってやるよ。

『今のキスマイはキスマイじゃない』と。

もう一回ジュニア時代に持ってた情熱を思い出せ、キスマイ!

マロン

今から買うなら嵐が絶対おすすめです!

|д゚)チラッ

パイナップルの日なんだって~≧(´▽`)≦

パイナップルと言えば!!!

雅紀’sジュース!

楽しんだ久米島~ヽ(*´∀`*)ノ
※以下拾い画です※
ガン見するニノちゃん~ヽ(*´∀`*)ノ
(.゚ー゚)相葉さん・・・・飲んだの?!
翔ちゃんは、お上品にちぎって食べるぱいなぽー!
(`・З・´)雅紀とのちゅうの方があまいっ!!
智くんは、
流石リーダー!知的っ!
( *´艸`)
個性派!潤くん~ヽ(*´∀`*)ノ
いつぞやのぱいなぽーT( ・∀・)
そうだった・・・・
潤くんってば、

|д゚)チラッ

遊園地来たぞー!
あーつーいー!!!!
そして、夜は・・・
お友達とディナー!
VSは観れるのか・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。
そう言えば、
翔ちゃん夜会に

出るね笑( ・∀・)↑別番組にもご出演してた
↑金額も納得です。。。

パイナップル、どうやってなってるか知ってる?

▼本日限定!ブログスタンプ

[広告] 楽天市場
  • つなぐ (通常盤) [ 嵐 ]
  • ARASHI BLAST in Hawaii 【通常盤】 [ 嵐 ]
  • Are You Happy? (通常盤) [ 嵐 ]
  • How's it going? SUMMER CONCERT 2003 [ 嵐 ]
  • ARASHI Live Tour 2013 “LOVE” 【通常盤】【Blu-ray】 [ 嵐 ]
  • ARASHI Anniversary Tour 5×10 [ 嵐 ]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする